HOME > ブログ > 心の痛み

株式会社スマートリンク 増毛かつら歴20年の思い

心の痛み

セラリードッグのチロリの話です。

 

日本初のセラピードッグとして多くの

人たちを救っていた雑種犬チロリ(♀)。

 

 


 

メディアでも頻繁に紹介されていますので

ご存知の方も多いと思います。

 

 

彼女は、全身に虐待を受け続けて安楽死寸前のところを

一人の男性(後の国際セラピードッグ協会の大木さん)

に助けられて引き取られます。

 

 

引き取られたばかりの頃は心を閉ざしていましたが、

徐々に心を開きだし、

 

 

セラピードッグ育成施設でチロリは優秀なセラピー

ドッグ成長していきます。

 

 

歩行ができなくなり生きがいを無くした人が

チロリと接することで前向きな気持ちで歩行できる

ようになります。

 

 

そんな奇跡が起こり続けます。

 

 

優秀なセラピードッグのチロリの噂を聞き全国から

仕事の依頼が舞い込んできます。

 

 

そこで、全国の生きる力を失いかけた人たちを癒して

元気にさせて次々と多くの人達を救います。

 

 

全国からの依頼で多くの人を救い続けていたチロリ

ですが、病魔に侵されてしまいます。

 

 

体が病魔に蝕まれてボロボロになっても、

余命数ヶ月になっても、

 

 

それでもフラフラの状態でチロリは自分の意志で

セラピードッグして人の為に、最期まで活動し

続けて波瀾万丈の一生を全うします。

 

 

しかし・・・

 

ここで疑問が・・・

 

 

全身に虐待を受け続けて捨てられたチロリの一生は

決して恵まれたものではありませんでした。

 

 

心ない人間から虐待を受け続けた彼女が

何故多くの人たちを救えたのか?

 

 

その答えとして

 

 

彼女を引き取り、優秀なセラピードッグに育て上げた

国際セラピードッグ協会の大木さんは語ります

 

 

数えきれないほどの厳しさや悲しさや辛さを

自分自身が味わってきたから、

 

同じような悲しさや辛さを感じている人たち

を見るとその人たちの気持ちがわかるから、

 

心の痛みが本当にわかる子だから、

それで人を幸せにできたのでしょうね。

 

 

 

 

人は恵まれた環境でいると人の痛みを理解すること

ができません。

 

 

健康な人に病気で苦しんでいる人の痛みが本当に

わかるでしょうか?

 

 

”心の痛み”を本当に理解できるでしょうか?

 

僕が自分のライフワークとしている

 

 

毛髪の悩みやヘアスタイルに悩む多くの

方々が安全、快適、お洒落に、そして確実に

悩みを解消して身も心も元気になれる環境を

日本全国につくること。

 

 

の思いも

 

僕自身の”心の痛み”がルーツになっています。

トラックバック

心の痛み への2件のコメント

  1. 深田孝 より:

    遠藤様
    とても素晴らしい内容に感動しました。
    名犬チロリは自分の使命=助けて頂いた命の使い方をしっかり理解していたんですね。
    最後の最後まで使命を全うしたんですね。
    遠藤様も自分が今まで味わってきた痛みを他の方には味わって欲しくないと言う思いで、会社を立ち上げ、アクションを起こされたんですね。
    是非、毛髪業界の名犬チロリになって、悩まれている方々の悩みを解決して頂きたいです。
    毛髪の悩みは、なかなか他人に相談できる内容ではありません。美しい人生を送る為には切っても切れない大切なアンチエイジングの一つです。
    そして、男性からカッコ良くいたい!女性なら綺麗でいたい!なんて思っている方々が沢山います。僕もその1人です。是非、毛髪セラピストとして今後、活躍されていく事を期待し応援しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です