HOME > ブログ > 最適な離職率は?

株式会社スマートリンク 増毛かつら歴20年の思い

最適な離職率は?

離職率=退職率

 

 

40代、長期療養後の就職活動で人材エージェントから

紹介された某外資系企業での人事本部長面接のときの話。

 

 

 

学歴、職歴の説明が終わり、フリーでの面談に進みます。

 

このときの面接官との相性は悪く噛み合いませんでした。

 

 

 

以下、面:面接官 私:遠藤

 

面「長期療養した理由は何ですか?」

 

私「体を壊しての療養です」

 

面「だから、その理由を聞いているのですよ」

 

面「病名を聞いているのですよ」

 

面「それは、本当に治ったのですか?入社後再発はないですか?」

 

 

 

暫く、長期療養の話が延々と続きます。

 

勿論、想定内の質問でしたが問いかけ方が刺々しいのです。

 

 

 

その後、逆質問の時間で

 

私「御社の離職率は、大凡でかまいませんが何%ですか?」

 

面「はあ?何故、そんな質問をするの?」

 

面「あなたは外資系企業で長く働いていて離職率が気になるの?」

 

面「反対にあなたに聞きます。最適な離職率を教えてください」

 

私「最適という定義では答えにくいのですが、一桁代(%)です」

 

面「離職率が一桁・・・(苦笑)」

 

面「会社はサークルではありません」

 

面「会社は仲良しクラブではありません」

 

面「弊社の離職率は言えませんが、私が求める離職率は25%です」

 

面「外資系企業は短期で結果を出せない人材は不要」

 

面「だから4年で全社員が入れ替わる25%が理想です」

 

面「四半期毎に人事評価をするので25%の離職率なら結果のでない

社員を辞めてもらって新しい血に入れ替えやすい」

 

 

重くるしい空気が流れて・・・最後に、

 

 

面「あなたの採用については現場とも相談します」

 

面「しかし、離職率に拘り、一桁代を求める人は弊社には向きません」

 

面「結果はエージェント経由でお伝えします」

 

 

その日の夜にすぐにエージェントから連絡がありました。

 

予想通リに不採用です。

 

 

 

離職率が25%を理想と言い切った人事のトップ。

 

4年で血を入れ替わることを求める企業。

 

色々と考えさせられました。

 

 

 

ちなみに、この外資系企業は既に日本から撤退しています。

トラックバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です