HOME > ブログ > 平成から令和へ

株式会社スマートリンク 増毛かつら歴20年の思い

平成から令和へ

新元号 令和

 

 

大化から数えて284番目の元号です。

 

平成時代は、バブル経済からはじまりました。

 

平成元年の世界経済は間違いなく日本がリードして

いました。

平成元年(1989年)国別の世界時価総額ランキング

企業数は、

 

日本   32社
アメリカ 15社
イギリス  3社

 

それから30年後の2018年では、

 

アメリカ 31社
中国     7社
イギリス   2社
スイス    2社
フランス   2社
日本     1社
韓国     1社
香港     1社
台湾     1社
ベルギー   1社

 

グローバルでの日本の影響力は低下しました。

 

理由は色々あるでしょうが、そのときに良ければの

考えで、時代に合わせた変化を避け続けたことに

あると思います。

 

 

少子高齢化で生産力が低下することは明らかであった

にも関わらず変化することを多くの国民も避けて

きました。

 

 

最近、世界情勢や日本の経済力や財源を正しく理解せずに

心地よいマニフェストを掲げる政治家が増えています。

 

☑税金を下げて最低報酬額を上げます!

☑社会保障を手厚くします!

☑国債は増やしません!

☑国の借金を減らします!

☑低所得者には補助金で生活を支援します!

 

財源は、

 

☑高額所得者の累進課税を上げて、

☑儲かっている企業の法人税を上げて、

☑高額預金税を導入して、

☑公務員を大幅に減らして、

☑国家レベルのイベントの自粛して、

☑土地の国家管理を進めて、

☑治安維持費を大幅に減らせば

 

簡単に実現できるとか・・・。

 

 

令和時代、

時代に合わせた変化がより強く求められます。

トラックバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です