HOME > ブログ > 増毛エクステ革命(スマートアップエクステ)

株式会社スマートリンク 増毛かつら歴20年の思い

増毛エクステ革命(スマートアップエクステ)

結ぶ技術から自毛と融合する技術へ

 

 

 

増毛エクステの歴史は古いです。

 

 

1984年に大手毛髪製品会社のアートネイチャー社が

マープ像毛法を発表します。

 

「かつらでもない」、「植毛でもない」

 

自毛を活かした増毛法の当時のテレビCMで大ヒット。

 

 

当時から、数年前まで増毛エクステの技術は、

使い捨て技術が主流でした。

 

 

増毛用のエクステを自毛に固く結びつける方法です。

メリットは、外れないこと。

 

 

デメリットは、結び目が大きいので引っかかり

やすいこと、そして使い捨て。

 

 

現在は、リタッチのできる増毛エクステが主流になりつつ

あります。大手メーカ、准大手メーカもリタッチ増毛法

を採用しています。

 

 

 

リタッチのできる増毛法には使い捨て技術になる

メリットがあります。

 

1.結び目が小さいので引っかかりにくい。

2.エクステが上がってっきたら自毛根元にもどせる。

 

 

これによって、お客様の費用負担を軽減できて

なりたいヘアスタイルをキープすることができます。

 

 

但し、リタッチのできる増毛エクステも万能では

ありません。

 

 

リタッチと補充を行わないとヘアスタイルが崩れて

しまうのです。

 

 

 

 

現在、弊社では自毛と融合する新技術を開発中です。

使うエクステも特殊素材で使う道具も既存の増毛道具とは

まったく異なります。

 

 

この技術ができれば、

結び目がなく、自毛と一体化して一切の引っかかりを

感じることがありません。

 

 

増毛スピードは

 

1分で50本(10箇所)、20分で1,000本(200箇所)

1時間で3,000本(600箇所)

 

です。

 

 

 

エクステ毛質は1種類ですが、毛色は100色以上、

本数タイプは、5本ループと8ループ

 

結び目はありません。

 

エクステの形状が自毛に融合するので一切の引っかかりが

生じません。根元からブラシをしても引っかからないのです。

 

 

特殊道具に1,000本分を内蔵して施術します。

エクステをタオルに広げる手間も不要です。

 

 

繰り返しになりますが、自毛と融合して結ばない技術なので

引っかかりません。また、薬剤も使用しないので頭皮、自毛

への薬によるダメージもありません。

 

 

増毛エクステ革命です。

トラックバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です