HOME > ブログ > 起業10年後の生存率は25%

株式会社スマートリンク 増毛かつら歴20年の思い

起業10年後の生存率は25%

起業1年後の生存率は約70%

起業3年後の生存率は約50%

起業10年後の生存率は約25%

 

 

 

業種によっては生存率が更に低くなります。

 

 

起業10年後に生き残るのは4人に1人。

 

 

弊社の主ビジネスは、卸業です。一般的に高い利益を

確保することが難しい業種です。

 

 

他から容易に仕入れることができる商品は当然ながら

価格競争になります。結果、粗利益を限界まで落とす

必要があり、高い収益を確保が困難になります。

 

 

そこで、(簡単ではありませんが)商品に

オリジナリティが必要です。

 

 

 

弊社では他では容易に入手できないオリジナル商品

に特化して来年起業10年を迎えます。

 

 

 

今も高収益ビジネスではありませんが、オリジナル

商品をベースにしたビジネスのお陰でなんとか

生き残っています。

 

 

そこで、

吹けば飛ぶような小さな会社ではありますが、

自身の経験からビジネスを長く続けるために

需要なことを記します。

 

 

1.固定費負担を減らすこと。

 

固定費は業績に関係なく一定額の出費になるので

必要最小限に留めることが重要です。

 

 

2.柔軟なビジネスモデル。

 

弊社は起業直後、B2Cで男性顧客向けのビジネス

を進めていました。

 

しかし、時代は女性顧客向けが主流。

 

そこで女性向け、B2CではなくB2Bに方向転換。

当初のビジネスモデルに固執していたら数年で

廃業していたでしょう。

 

 

3.迅速な経営判断。

 

2年前に某観光地でサロンをオープンしたことがあります。

事情があり、オープン3ヶ月に撤退をしました。

 

サロン開設、運営、撤退費用で数百万円を費やしましたが、

振り返れば、あのときの決断は間違っていませんでした。

 

 

 

日本は高齢化社会。シニア層の方々の社会進出が益々進みます。

 

そんな時代に若く、綺麗に見られたい欲求を満たす毛髪関連

ビジネスは大きな成長の可能性を感じます。

 

トラックバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です