HOME > ブログ > リタッチのできる増毛の収益性(その1)

株式会社スマートリンク 増毛かつら歴20年の思い

リタッチのできる増毛の収益性(その1)

リタッチは部材不要ですので粗利益率は100%です。

当該増毛技術によって粗利益が数百倍にアップします。

 

 

 

 

ピンポイント増毛の歴史は古く、1984年に大手毛髪製品会社

が画期的なTV-CMで一世を風靡しました。

 

 

キャッチコピーは、

 

 

「かつらでもない、植毛でもない、自毛を活かした増毛」

 

 

当時の僕は、別の大手毛髪製品会社の直営理容店舗に通って

いたのですが、(当時の)強引なセールスに嫌気をさして

いた頃です。

 

 

 

TV-CMを見て、「これやっ!これが欲しかったんや!」

 

 

 

と急いで電話をして体験予約をし、そのまま契約したのが

今から25年前。

 

 

体験では、数本を自毛に付けてもらい

 

 

「どうでしょう!どこから見ても増毛したことがわからないでしょ!」

「これが数千本付けばかつらは必要のない生活が送れるのですよ!」

 

 

これでかつらから開放されると思い、

そのまま契約。

 

 

でも・・・

 

 

増毛して増えて来た頃(約3ヶ月)、ブラシに引っかかり始めたのです。

 

その結果。半年で5000本の増毛をしたころには、半数の増毛が引っかかり

取れてしまっていました。

 

 


 

 

このまま増毛をし続けたら毎年100万円単位でお金がかかるぞ・・・

 

 

と思い始めた頃に、高額なかつらを進められます。

 

 

結局、究極の解決策と信じていた増毛は継続できなかったのです。

その頃は、使い捨てでなく再利用ができる増毛サービスがあればなあ・・・

と感じていました。

 

 

次ブログ記事に続きます。

トラックバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です