HOME > ブログ > 最適で最良なかつら装着方法とは?(連続装着方法編)

株式会社スマートリンク 増毛かつら歴20年の思い

最適で最良なかつら装着方法とは?(連続装着方法編)

かつらの装着方法は多種多様です。

 

1.クリップタイプ

2.編み込み

3.テープ

4.接着剤

 

等々

 

 

 

 

 

いずれも一長一短があります。

 

 

 

かつらの装着方法でよく聞かれる質問があります。

 

それは、

 

「最適な装着方法を教えてください」

 

です。

 

 

弊社では、お客様の生活環境に合わせてもっとも利用

しやすい装着方法を選んでくださいと答えています。

 

 

 

今回は、”編み込み装着方法”について記します。

 

 

 

かつらメーカとして顧客の継続率はとても重要です。

新規顧客獲得に比較して既存顧客を継続していただく

方が収益が高くなるからです。

 

 

 

そこで既存顧客の継続率を高めるもっとも有効な方法

があります。

 

 

 

それは、

 

1.顧客をメーカのサロンに通わせ続けることです。

 

2.他社の製品を評価しにくくすることです。

 

 

 

毛髪のボリュームダウンに悩む方々にとってかつらは

必需品です。

 

 

絶対に手放せない必需品なのです。

 

 

 

そこで、

 

1.顧客がサロンに行かなければ外せない。

 

2.外せないから他社製品を試すことが難しくなる。

 

これによって、顧客継続率が劇的に高まります。

 

 

 

外せない方法として、もっとも有効なのが編み込みです。

 

まず、自分で外すのはとてもむずかしいですし、

外すことに強い抵抗があります。

 

 

ちなみに編み込み方法も数種類あります。

 

☑ガチガチに固める方法、

 

☑ポイント編み込み、

 

☑接着剤を利用した編み込み

 

等々。

 

 

 

特にガチガチの編み込み装着は、

顧客は外せない = 他社製品を評価することがとても

難しくなります。

 

 

 

編み込み装着の場合、ユーザは回数券を購入することが

多いです。回数券1回分の料金は、12,000円ほど。

 

 

 

勿論、顧客にとって編み込み装着方法にはメリットがあります。

 

1.外れにくいことによる安心感

 

2.装着手間が軽減できるので楽

 

です。

 

 

 

一方でのデメリットは、

 

1.(個人差がありますが)2週間ほどで編み込み部分が緩んで

きてかつらがグラグラします。簡単にかつらが動きます。

 

2.自毛地肌を快適に洗髪することができません。特に編み込んで

いる箇所は洗えません。

 

3.(個人差がありますが)編み込んだ場所の脱毛

 

4.他社製品を試すことが難しい。

 

です。

 

 

 

編み込み装着については、メリット、デメリット、

特に他社製品を評価することが極めて難しくなることも

踏まえて冷静に検討することが必要です。

トラックバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です