HOME > ブログ > 最適で最良なかつら装着方法とは?(セルフメンテナンス編)

株式会社スマートリンク 増毛かつら歴20年の思い

最適で最良なかつら装着方法とは?(セルフメンテナンス編)

かつらのセルフメンテナンスは超快適です。

今回は、安全で快適な連続装着テープを紹介します。

 

 

3M社製のスーパーメディカルテープです。

 

 

私もこのテープをかつらのベース部分装着に使用

しています。かつらのベース部分はPU補強していて

当テープでガッチリ付着。

 

 

↑接着力が高い高粘着タイプで再生力も

極めて高いテープです。

 

ネイル製品の接着にも利用されている

安全で強力なテープです。

 

 

↑元のテープのままだと大きすぎるのでを

半分にカットしたものを4枚貼り付けて

使用しています。つまり本体テープでは2枚使用。

 

 

 

私は、3日毎に張り替えてテープ本体は月に15枚ほど使用

 

 

また、フロント部分は、再生力のある接着剤で装着しています。

 

 

今までに私が使用してきた連続装着方法は、

 

数種類の編みこみ、

 

シリコン、

 

連続装着用テープ

 

です。

 

 

現段階ではかつらのベース装着にはスーパーメディカルテープ&

フロントを接着剤が最良だと思います。

 

 

編みこみは、装着して2週間ほどで自毛の伸びとともに

緩んでグラグラになります。また、編みこみ場所は触られると

すぐにわかります。

 

 

編みこみ場所の自毛と地肌は思う存分洗うことはできません。

 

個人差がありますが、編み込んだ箇所の自毛の脱毛が

進む恐れがあります。

 

※ 私は、10年以上編み込みを利用した結果、

編み込んだ箇所の自毛部分が抜け落ちています・・・。

 

 

シリコンは、編みこみよりも安定して負担も少ないのですが、

やはり自毛の伸びとともに装着箇所が緩んできます。

 

 

テープ装着の場合、装着箇所はピッタリ付着できるので

触られてもわかりません。

 

 

テープ&接着剤での装着なら自毛が伸びても緩まず、

常にピッタリ頭部に接着されているので

あらゆる衝撃にも強いです。

 

 

趣味の空手のスパーリングで頭部への蹴りや投げ技を

受けてもびくともしません

 

 

洗髪時には、外して自毛・地肌を思う存分洗えて、洗髪後

はドライヤーの熱で温めると接着力が戻ります。

 

 

コスト面でも月間500円も掛かりません。

 

 

他社の製品を試すこともできます。

 

 

かつら・ウィッグの連続装着セルフメンテンス

にはお勧めの装着方法です。

トラックバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です