HOME > ブログ > 上京した頃、憧れたダイエー碑文谷店

株式会社スマートリンク 増毛かつら歴20年の思い

上京した頃、憧れたダイエー碑文谷店

久しぶりに元ダイエー碑文谷店に行きました。

今は、イオンスタイル碑文谷に・・・。

 

 

 

かつて小売業で日本一だったダイエー

 

 

20代の頃にお世話になった会社で

今でも思い入れの強い会社です。

 

 

私のなかでは今でもこのロゴこそがダイエーです。

 

 

 

今から32年前に浜松町で働いていた頃は、

バブル期真っ只中。

 

 

当時のダイエーは、

浜松町の通称軍艦ビルに本社機能を構えて

1Fにはダイエーナウ、周辺にも多くの

外食等の系列店舗がわんさか。

 

まるで、ダイエーシティのようでした。

 

 

上京当時、休日にダイエー碑文谷店に行くことが

楽しみのひとつでした。

 

 

 

当時のダイエーは、売上高至上主義。競合他社

収益性を重視して堅実な経営をする一方で

売上高こそが企業力と考えていて

 

 

イトーヨーカドー、ジャスコ(現イオン)

を格下企業とみていた風潮でした。

 

 

私も売上高を拡大させてM&Aで次々と

多角化を進める会社を誇りに思って

いました。

 

 

 

リクルート買収、

プロ野球球団買収、

ホテル経営、

大学経営、

と向かう所敵なしの勢い。

 

 

その頃、CEOの中内功氏が経団連副会長に抜擢

されます。それまでは製造業や銀行などの他業種

より格下と見られていた流通業から初めて抜擢

されたのです。

 

 

名実共に業界をリードする存在でまさに絶頂期。

 

 

しかし・・・

 

 

バブル崩壊から

地価下落がはじまり、地価上昇を

前提として金融機関から多額の融資を

受けて事業展開をしていた経営手法が

狂い始めます。

 

 

 

その後、阪神淡路大震災。

ダイエー系列店舗100店舗が被災。

莫大なダメージを受けます。

 

 

 

そして創業者の中内功氏の退任から

一度も復活することなく上場廃止、

イオン配下に。

 

 

 

今から32年前に戻って

 

「うちの会社は32年後にジャスコに吸収

されるよ」

 

と言ったら気は確かかと言われるでしょう。

 

 

時代はもの凄いスピードで動いています。

 

「強いモノが生き残ったわけではない。

賢いモノが生き残ったわけでもない。

変化に対応できたモノが生き残ったのだ」

 

チャールズ・ダーウィンの『種の起源』の一節

トラックバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です